洗濯のバスポンプ復活と収納問題

私は、風呂の残り湯を洗濯に使っています。

故障と汚れで先代のバスポンプを使わなくなって数年、バケツで残り湯をくみ上げては洗濯槽に移していました。

けっこうな重労働ですが、「運動不足の私にとってはちょうどよいエクササイズだ」と自分に言い聞かせていました。

しかし、それもそろそろ限界です。

浴槽から洗濯機まで約2mですが、無理な体勢で往復するのがきつくなってきて、「やっぱりバスポンプが欲しい…」と思うようになったのです。

そして、久々にバスポンプを購入したのですが、本当にラク!ラクしてあっという間に満水に…、なぜもっと早く導入しなかったのかと悔やみました。

ただ、バスポンプ復活に当たって、考えておかねばならないことがあったのです。

あの長くてかさばるホースを、どうやって収納するかという問題です。

濡れたホースの水切りをちゃんとして清潔に収納しないと、すぐにカビたり雑菌でダメになりそうです。

しかし、うちの洗濯機周りは、ランドリー棚を設置できるようなスペースもありません。

そこでネットで調べると、洗濯機の側面に取り付けるバスポンプ専用の収納ケースを発見、悩んでいるのは私だけではないのですね。

ただ、それもうちの洗濯機周りの事情とは合わなそうなので、それは断念です。

でも、いろんな収納ブログのアイデアを参考にして、今のところはよく水を切り、表面の水気を拭き取ってから、ホースとコードをぐるっとまとめて洗濯槽に入れています。

コードとポンプは、ホースを買ったときについていたコード類をまとめているモールのようなものを使って、絡まらないようにしました。

これでくみ上げ時も、収納時もコードとポンプが絡まってイライラすることもなく、スムーズに使えるようになりました。

まだ購入して間もないので、使用後はちゃんとホースの水抜きをし、一旦バスマットの上で水気をふきとっています。

洗濯機が回っている間に済ませれば、ピーチローズ ニキビでズボラな私でも出しっ放しは防げそうです。

小さなことですが、バスポンプの導入で動作や時間の無駄を省き、時短と家事の効率化につながりました。

 

 

ポテトチップスはスイートチリ味が最高です!

今、日本のスーパーやコンビニなどでは、ポテトチップスの在庫がないそうですね。

これは、去年の台風の影響で、ジャガイモが不作だったからです。

そんなポテトチップスと言えば、やっぱりヨーロッパで食べたポテトチップスが美味しい!と思ってしまいます。

ジャガイモって、痩せた土地でも育つから、ヨーロッパなどでも豊富に採れるそうです。

そう言えば、ドイツに行った時も、ジャガイモ料理やポテトチップスは結構イケるなぁって思っていたんですよね。

もちろん、ソーセージも美味しんですけどね。

そんなドイツで見つけたのが、日本とはちょっと変わった味のポテトチップスでした。

日本と同じように塩味もありますが、もっとも多いポテトチップスがパプリカ味です。

ぱっと見は、赤い粉がポテトチップスの表面にふってあるだけなんですけど、これが意外とイケるんですよね。

あと個人的に好きなポテトチップスがスイートチリ味です。

これはその名の通りで、甘辛い感じのスイートチリの味が口いっぱいに広がります。

味付けは日本のものと比べたら、かなり濃いですけど、これを一度食べたらやみつきになってしまって、あっという間に一袋食べてしまうから体重が心配でした。

日本でもスイートチリ味のポテトチップスがないか、商店街をぶらぶらと探していたら、オーガニック系のお店を発見しました。

このお店は、ヴェレダなどのオイルなどが豊富で、スナックとかもオーガニック系のものが結構置いてありました。

また、お店独自のローションなども置いてあって、お香のかおりでオリエンタルな雰囲気が漂っている感じです。

肝心のスイートチリ味のポテトチップスはなかったけど、アロマテラピーに使う精油が置いてあったので感動しました。

10ml入りでどれも結構な値段なんですけど、日本で売ってるよりも大容量なので、結果的にお得かも?って感じです。

アロマはずっと好きなので、気になったアロマも使ってみたいなって思っています。

ちなみに、ドイツやオランダなどのヨーロッパでは、日本よりも紫外線が強いと雪肌ドロップ口コミにも書いてあったので、行く時には忘れずに持っていこうと思います。