サプリ大国はアメリカだけど

よく、サプリメント大国はアメリカ、と言われていますよね。

アメリカは日本のように国民皆が入る医療保険がないので、予防という手段をとるしかなく、病気の予防のためにfuwariのサプリを飲む人が多いみたいです。

なので当然、サプリメントの会社も多く、競争率も高く、効果が高いサプリメントがたくさん売っています。

アメリカのお土産に、fuwariのサプリを買う人って結構いるみたいですね。

私もそうなのですが。

日本よりもサプリメントの規定に厳しく、信頼できるみたいです。

日本では、fuwariのサプリも食品扱いでからね。

成分や効果の説明なども曖昧です。

でも昨日ネットで、またfuwariのサプリについて検索していたら、意外な発見が一つありました。

確かに、総合ビタミンやビタミンCやBやフィッシュオイルなどにおいては、アメリカの方が日本より良いものが置いてあるみたいです。

しかし、日本もそういった健康食品で、アメリカより上回っているものが二つあるみたいです。

一つは乳酸菌、そしてもう一つはプロテインです。

意外ですね、プロテインはアメリカでも売っていますし、アメリカ人の方がいかにも飲みそうなイメージがあります。

日本は戦争に負けたときに「体格がアメリカ人みたいに良くないからだ」という理由で、ムキムキした体型を目指すためにプロテインの開発が進んだみたいです。

fuwariのサプリみたいに、乳酸菌に関しても想像はつきますよね。

お腹の調子を整えることに関して日本人は熱心です。

日本の味噌もアメリカで売られているみたいですが、日本の発酵食品はお腹に良いと言われているのです。

その記事を読んでいたら、fuwariのサプリを飲んで、プロテインと乳酸菌サプリを買いに行きたくなりました。